半田港運株式会社

先輩の声

前向きにチャレンジする。

古い考えにとらわれず、つねに前を向き物事にチャレンジする。若さと決断力で未来を切り開き、21世紀の我社を動かす。そんな君たちを待っています。

蜷川智久

作業部
蜷川智久
平成9年入社

勤務内容

作業現場への人員配置や荷役機械の手配をしています。お客様の貨物を安全、丁寧且つ円滑に作業ができるよう、事前に綿密な打ち合わせを行います。

現場では打ち合わせ通りに作業が進まないこともありますが、そんな時は臨機応変に対応して、作業を進める最前線の部署です。

入社してよかったこと

責任のある仕事を任せてもらえ、そのプレッシャーを重く感じることもありますが、考え、悩みながらも無事にやり遂げた達成感やお褒めの言葉をもらった時にこの会社で仕事ができてよかったと感じます。

みなさんへ

半田港運の仕事は現場作業だけでなく、通関業や倉庫業、船舶代理店業など様々あり、決して楽な仕事ではありませんが、とてもやりがいのある仕事です。また、従業員とその家族を大事にする魅力に満ち溢れた会社です。


樋口拓哉

海務部
樋口拓哉
平成24年入社

勤務内容

外国船舶が港に入港する為には、様々な手続きが必要になります。それらの手続きは入港前日までに完了しておけばいいものもあれば、前日の手続きでは間に合わないもの、船舶の到着日時によって随時変更していかなければならないもの等、多岐にわたります。

これらの手続きに不備があると、場合によっては船舶の入港ができなくなり、取引先にも多大な迷惑をかけることになります。書類の手続きに難しいことはないですが、安易に考えず常に責任感を持って仕事に取り組むよう心がけています。

入社してよかったこと

入港から出港まで、一つの船舶に関わる人の多さを実感し、その仕事の一部に加われることにやりがいを感じています。

船舶が岸壁に着岸すると、乗船し、船長と打合せをします。私の担当する船の船長は中国人が多いですが、実際に外国人と英語で会話するというのは他の業種では中々できない経験です。毎回自分の意見を伝えるのには苦労しますが、こういった経験ができるのはこの仕事の面白い所だと思います。

みなさんへ

人と関わる仕事ですので、時には相手との意見の違いに悩むこともありますが、その分うまく仕事が進んだときは達成感があります。社内外に関わらず多くの人のフォローと協力によって成り立つ仕事ですので、前向きに仕事に取り組むことができると思います。


ページのトップへ